僕は友達が少ない 2話 「電脳世界は神様が居ない(゜Д゜)」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「僕は友達が少ない」の第2話です。


友達をつくることを目的にできた隣人部。その最初の活動に携帯ゲーム機をもちいた活動が行われることになりました。そのなかでも、夜空が目につけていたのは協力プレイを使ったゲーム。互いに協力しあうことで、友達を作っていくのが狙いであるようです。ゲームの世界のキャラクターが実際に夜空たちになっていたのがおもしろい。特に、夜空と星奈がやりやっているシーンは本人たちであるほうが見ごたえがありました。開始早々、星奈が夜空をやっつけるってどういうこと?確実にわざとにしかみえないのがツボです。そんなこんなで、協力プレイというよりは非協力プレイ。ゲーム本来の目的からそれているような気がしたのは気のせいでしょうか。

協力プレイはやめて、星奈が次に目をつけたのは恋愛系シミュレーションゲーム。絶対に選ばらないであろう選択肢に限って、同意見になる夜空と星奈。意外なところで息が合う二人ですが、本当は仲がいいのか悪いのか不思議です。ゲームを進めてゆくなかでたどり着いたルートはバッドエンド。ゲームの中のキャラ=藤林あかりに対しての二人の相当な憎しみは恐怖でしたが、星奈はその後でシナリオを完全クリアしたのだとか。彼女のやりこみ度が本当にすごそうです。あわせて、気分の浮き沈みが可愛らしく見ました。

本編終了後にいきなり同ゲームのCMが!?しかも、PSソフトのアイキャッチがあるので本物であるようです。肉焼きのCMとあわせて、手のこみよう。ホームページを調べてみると、「僕は友達が少ない ぽーたぶる 数量限定生産版「美少女×残念×ゲーム=超残念BOX」」の限定版として付属するゲームであるのだとか。本編ゲームがまさか、本当に発売されるなんて思ってもいませんでした。ここはやっぱり、プレイヤーネームは「柏崎せもぽぬめ」。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事