たまゆら 5話 「ちひろちゃんがきてくれたよ!なので」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「たまゆら」の第5話です。


第一話で登場した、楓が引越しをする前に仲良しだったちひろが竹原にやってきました。久々の再会に嬉しすぎたのか、降りる駅を間違えるハプニングも!?そのこともあって、楓の母親がバイクで駅まで迎えに行くことになりましたが、楓は母親がバイクに乗ることを初めて知ったことにもなりました。ツーリング仲間も登場して、一緒に行こうかとの誘いがあったので、楓も一緒にツーリングへ行く機会が見られるかもしれません。

それはさておき、竹原にやってきたちひろは、かおる、麻音、のりえの三人ともすっかり打ち解けた様子。いつものお店でお好み焼きを食べたり、街のあちこちを案内したり。ちひろのテンションを盛り上げようと、あれこれ考えていたのりえがいちばんテンションが高かったことも!?

観光案内中には、「ピュルルルヒュル~」こと、温泉旅館の回より気になっている麻音が、ちひろへの口笛レッスンしていた場面が印象的。後半では、かおるの姉=さよみお姉さんが顔を出して、数時間のウォーキング。ほんと、一体どこから着いてきていたのでしょうか。お姉さんのドライビングはまた違った形で、見てみたいかも。

といったところで、ちひろとの再会もあっという間に帰るときがやってきました。初めて目にしたももねこ様に興味津々だったちひろ。みんなの分を作っていた手製のぬいぐるみをプレゼントしたり、メールアドレスを交換したり。もうすっかりと、みんなと友達です。このグループで流れる時間をまた見たいと思った話でした。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事