アイドルマスター 18話 「たくさんの、いっぱい」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「アイドルマスター」の第18話です。


竜宮小町の人気はますます絶好調。そんなある日のプライベートライブ。であるはずだったのですが、あずささんが急病でステージにあがれなくなってしまったようです。そこで代わりにステージに立ったのがプロデューサーの律子。ただ、彼女がプロデューサー側に立ってからは、アイドルとプロデュースの識別をしっかりを分けようと考えていたこともあって、代役としての心境は複雑にあったようです。それでも、律子のファンの応援もあって、ライブは大盛況のうちに終了。律子にとっても、不安の種が取り払われたようで、すべてが大成功となったようです。その分、レッスンにもますます熱がはいっているようで!?

最後の予告のやりとりにもありましたが、今回は律子のメイン回。久しぶりのステージに緊張していた律子ですが、そんな彼女を勇気づけてくれた、律子のファンクラブの人たち。ずっと応援してくれているという熱意が何だか「いいな!」と思った瞬間でもありました。

ところで、久しぶりに貴音さんが登場しました。事務所の一場面で、何かその場から立ち去ろうとしていた様子がありましたが、亜美と伊織の愚痴を聞いていた律子の反応に対するものだったようです。じわじわと動いていたので、何かと思っていたらそういうことでした。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事