アイドルマスター 19話 「雲間に隠れる月の如く」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「アイドルマスター」の第19話です。


「青空に 指で字を書く 秋の暮れ」、今回は待ってましたの貴音さんのメイン回です。故郷や家族といったすべてのことが謎の彼女ですが、961プロの黒井社長が貴音のスクープを狙って邪魔に入ってきました。たびたび現場に現れるパパラッチの気配に敏感に察知する貴音の鋭さがすごい。千早が抱えている悩みに直観かつ鋭さがあったのも驚きでした。

レコード会社の社長と面会したことをきっかけに、嘘の情報が出回ったことから貴音がそこへ移籍するなんてことも騒がれることに。そんなデマを流し込んだパパラッチを一日署長の真っ最中に華麗に捕えたのはお手柄でした。結局、貴音の謎は最後になってもわからず仕舞いでしたが、貴音の魅力が充分であらわれた話であったと思います。

それはさておき、千早に関してですが黒井社長が彼女の過去を調べつくしてしまったようです。それがこれからの大きな伏線となっていましたが、千早の記憶がこれまでにも何度も出てきていたこともあったので、いよいよターニングポイントを迎えることとなりそうです。千早には一体どんな過去があったのでしょうか。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事