たまゆら 9話 「ももねこさまの憂鬱、なので」ほか

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「たまゆら」の第9話です。


ももねこさまにスポットをあてたAパート。普段は街のあちらこちらでのんびりとしているももねこさまですが、ときにはカッコイイ姿をみせることも!?人々からは「ももねこ様」と呼ばれていますが、少し不思議な存在でもあります。楓にいろいろと世話をしてもらう妄想をしている姿は少し意外でした。いつもは楓がももねこさまに夢中ですが、どうやらももねこさまも楓に気があるみたいです。また、イノシシを相手にカッコイイところをみせるはずが、一目散に逃げてしまったがために女の子の猫に失恋してしまうという少し淡い出来事も。それでも、最後にイノシシを追い払う姿は、さすがは街の主といったところです。

変わってBパートこちらは志麻子さんの失恋。以前、憧憬の路のときに出会った二人組の女性のうちの一人です。いつものお好み焼きにやってくるなり、いきなりやけ食いを始めてしまうことに。しかも、何故かお好み焼きのやけ食いに競い合う居合わせていた堂郷先生。どうして張り合っているのかが不思議です。どうやらやけ食いの原因は、憧憬の路のときに告白すると言っていたことで失恋してしまったようです。

そんな志麻子を心配してやってきたのは、憧憬の路で志麻子と一緒にいたもう一人=まなみ。かおるのお姉さん=さよみも出てきて一行はドライブに出かけることになりました。噂となっていたさよみの過酷といわれていたドライブが初お披露目。「ほぼろ」の店主さんもその言葉を聞いて先に帰ってしまいましたが、意外にも同乗経験があるようです。ただ、さよみの目のつけどころはいつものごとくピッタリ。おすすめの場所で、志麻子に過去を振り切る勇気を与えることになりました。

今回は二つの恋にスポットをあてたおはなしでした。ももねこさまも、一度ふられてしまった猫とはうまくいくのかどうか気になるところです。志麻子も果たしてどんな出会いが待っているのでしょうか。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事