アイドルマスター 21話 「まるで花が咲くように」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「アイドルマスター」の第21話です。


千早が復帰してから二回目のライブ。ジュピターも参加するこのライブで、千早が完全復帰を果たすことになりました。しかし、ここでも黒井社長がいろいろ手をまわしてくることに。ただ、それが逆に765プロの良いところを掘り出してくれることにもなりました。なんといっても、ここの仲間同士の助け合う力がすごいものだと思います。また、本番中に演奏が流れないことに対しては、自分自身の意見を持っていた千早。それは、彼女が前回を境に変わったことのように思えました。前回に続いて、千早のアカペラにはじまりサビの演奏の導入がとてもよかったように思います。

一方、961プロに属していたジュピターは、黒井社長のやり方に意見があわなくなったことで、事務所を抜けることになったようです。三人は黒井社長のこれまでの経緯を、プロデューサーさんに詫びたあとで、新しく活動を始めるのだとか。突然の事務所抜けだったので、このあとどんな登場となるのかが気になるところです。

そんなわけでライブは成功におわり、ところかわって雰囲気のあるダイニングバー。しかも、どういうことなのかそこには黒井社長と善澤さんの姿もあるようです。さらには、音無さんがステージで歌っていることもあって不思議の連発です。高木社長の昔の写真をみたかぎり、どうやら実は黒井社長と高木社長が一緒にプロデュースをしていたアイドルが音無さんだったようです。しかも、善澤さんも一緒に仕事をしていたようなのです。そうなると、右下にいた男性は一体誰なのでしょうか。

久々に顔をあわしたのか、高木社長と黒井社長の話がとても深いものがありました。黒井社長を呼んだのは、高木社長のお膳立てだったのでしょう。かつての仕事仲間との語り合いの雰囲気から、公式サイトのあらすじにも「最後の罠・・・」とあったように、黒井社長が手を出してくるのもこれが最後となることになりそうです。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事