あの夏で待ってる 第3話 「先輩が言っちゃう…」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「あの夏で待ってる」の第3話です。


海人がイチカに告白してフラれたと思ったらそれは妄想。イチカも海人が、彼女の正体をいいふらしていると思ったらそれも妄想。妄想と妄想が合い重なって、思い過ごしのときが流れていた一日でした。それは、勘違いが成立しているようで成立していない不思議な光景。結局、互いの妄想は語られることなく終わりましたが、それはいずれ打ち明けられるときがくるのでしょうか。少なくとも、海人がイチカのことを好きだということは、最後のほうでわかりかけていたようですが。

海人が学校を休んだということで、柑菜がお見舞いにやってきました。二人が街を歩いている姿は、たしかにデートのよう。そんな二人の様子を檸檬先輩がこっそり撮ろうとしている先輩は何ともアクティブです。そういえば、前回の海人の家での出来事は、みんなは記憶がなかった様子。檸檬先輩の例のダイナマイトドリンクはやっぱりお酒だったようです。そのうえ、柑菜のものすごい写真がなんともでした。

最後の最後で、イチカの何気ない一言で、二人の関係は急接近となりそうな予感?まさか、海人が自分のことを想っていると考えていなかっただけに、二人の間がよそよそしい雰囲気となっていました。最初、サブタイトルの「先輩が言っちゃう…」は、檸檬先輩が海人と柑菜の前で、柑菜が海人のことを好きなことを言ってしまうのかと思っていました。でも、実はイチカの一言を意味していたのかもしれません。なんといっても、続きがとても気になる終わり方だっただけに、柑菜との関係もあわせて今後の展開が気になります。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事