神のみぞ知るセカイ 2 2話 「一拳落着」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「神のみぞ知るセカイ 2」の第2話です。


第二期の新たなヒロインは武道家の先輩=春日楠。武道一筋な外の心と、かわいいものに目がない内の心の持ち主です。内なる心に関しては、かわいいものを見たときにたびたび現れることがあり、楠は桂馬の協力を得てその心を封じる作戦に踏み切りました。その作戦はずばり、桂馬とのデート!!でも、それは作戦というよりは、ずばりデート!でした。その中には趣向が違った同士のショッピングの一場面も。

そんな、デート作戦は上手くいったようで、楠は具象気体として出てきた内なる心といよいよ一騎打ち。桂馬によると、この間に入ると命の保証がないそうです。たしかに、楠vs楠の間にはいるのは危険極まりなさそうです。といいつつ、本人が知らず知らずのうちに、二人の間に入っていましたね。そのために、用意されたのがエルシィ特製のハゴロモ鎧。かなりの頑丈さもあるらしく、エルシィのハゴロモの万能ぶりさはかなり重宝しますね。

エンディングが見えた桂馬はエンディングに向けて一気にラストスパート。それは、楠に内の心と共生させるというもの。二人からの熱い拳を受ける場面もあるなか、最後に熱いキスも交えてついに駆け魂拘留は成功です。、

駆け魂拘留後。

な・・・なんと、エルシィまでが拘留されてしまいました。エルシィを拘留したのは、エルシィと同じ悪魔の探知機を頭につけた青髪の女の子。彼女こそが二期より登場のハクアです。にしても、どうしてエルシィを拘留してしまったのでしょう?



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事