スイートプリキュア♪ 「ギョギョギョ!謎のプリキュア現るニャ!」 11話

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
音楽自慢大会に奏と響がピアノで出場!?


セイレーンが王子センパイに恋をしていることがマイナーランドの王にバレてしまい、リーダーの座をバスドラに奪われてしまいました。これまでに、音符を集めた数はプリキュアさんもマイナーランドもほぼ同数だとか。マイナーランド側も思っていたよりも集めていたみたいですね。そんな音符集めをさらに加速させるべく、バスドラが思いついたのが、加音町で嘘の音楽自慢大会を開くことでした。

音楽に関係のある町であれば、音符が集まりやすいという狙いがあったようです。奏と響もバスドラの罠とは知らずにピアノの練習を猛特訓。当日、ステージにピアノを用意することを忘れるほど、気合が入っていたようです。たしかに、ピアノが用意されているとばかり思っていたので、アコの突っ込みがおもしろかったです。

バスドラの狙いは思ったよりも音符が集まらなかった様子。それでも、少しだけ集まった音符でネガトーンが出現。これまでのネガトーンとは違ってかなり手強く、プリキュアさんも苦戦していました。二人がピンチにまれ追い込まれ絶体絶命に。そんなピンチに突如として現れたのは、二人が見たことがない謎の戦士。しかも、あっという間にネガトーンを倒してしまいました。

そばにフェアリートーンがいたことから、プリキュアであることは間違いなさそうですが、敵であるのか味方であるのかは不明です。ただ、キュアミューズが登場した直後にセイレーンが登場していたことから、謎のプリキュアの正体が実はセイレーン?と、いろいろ考えたりするのですが、その真相やいかに!?



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事