あの夏で待ってる 第6話 「先輩にライバル。」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「あの夏で待ってる」の第6話です。


海人と哲朗の会話を耳にしてしまったイチカ。その内容は柑菜が海人のことが好きであるということでした。そして、今回はそんな状況のなかで新たにライバルが登場。これによって、いままではなかった意気投合した二人にはスリルがありました。

そんなライバルは、海人が小学生時代に同じクラスメイトだった佳織という女の子。哲朗が姉からもらった沖縄旅行の旅先で、偶然再会したようです。ちなみに、この旅行は映画の撮影も兼ねているとのことで、映画仲間が全員参加のもの。今回はその撮影中に出会うことになりました。

彼女は、海人が記憶していた姿よりも明るく元気になったみたいですが、本当は海人に告白するために頑張っていたようです。この二日間、ずっと勇気を出していた姿はとても頑張ったという印象。けれども、ほかに好きな人がいるという海人の答えに、思わず涙を流す姿は甘酸っぱいものがありました。そのうえ、海人と香織が二人きりの場所にイチカが遭遇。この流れ・・・気になって仕方がありません。

一方、佳織と一緒にいた友達の千春は哲朗に興味津々。しかも、彼に寄り添ってしまうほどです。そんな千春に思わず飛びかかってしまったには美桜でした。なかなか哲朗への想いを打ち明けられずにいましたが、はたしてこれには哲朗はどんな反応をしめすのでしょうか?ちなみに、哲朗は柑菜のことが気になる存在であるようです。そう考えると、哲朗は柑菜の気持ちを海人に代弁したのかは気になるところです。

ここにきてライバルの登場もあったので、恋のつながりは複雑に・・・。檸檬先輩はいたっていつもどおりですが、実は檸檬先輩はこうなる展開を先に読んでいたのならビックリです。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事