スマイルプリキュア! 「どこなの?わたし達のひみつ基地!?」 7話

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
決めセリフの次は、プリキュアさんだけの秘密の場所探し!


プリキュアの5人が集まってプリキュアの話をしていると、ほかの生徒に聞こえてしまうことが多々。プリキュアの秘密がバレてしまわないように、プリキュアさんだけが集まる秘密の場所なるものを探すことに決めました。今回はそんな秘密基地を探すおはなしでした。

そんなわけで、みんなが不思議図書館に一度集合。そこから、秘密基地となるあちこちの候補へ飛び回ることになりました。候補になったのは富士山の頂上であったり、映画の撮影スタジオであったり・・・。富士山でプリキュアの鍛錬を極めるといったあたりは、れいかさんらしいなといった印象です。しかしながら、いい候補が見つかっても誰かが使用している場所であることが多いのが実際のところで、誰も使用していない場所というのはなかなか難しいものであるようです。

ちなみに、不思議図書館からどこかの本棚への移動は、絵に描かれた本棚でも移動が可能であるようですね。ただし、絵に描かれた本棚は本を動かすことができないので一方通行であるという制限もあるようです。

そんななかで、みゆきは思い描いていた秘密基地がありました。それは前に住んでいた街にあった森であるのだとか。しかし、その場所へ実際に行ってみるとほかの女の子たちが既に使用していた様子。しかたなく、あきらめて帰ろうとしていたそのとき、そこに偶然にも狼さんが登場しました。女の子の大切な場所をまもるためにも、みゆきたちはプリキュアに変身です。

アカンベェを浄化したあとに、再び不思議図書館へ戻ったみゆきたち。そして、今度は自分たちにあう秘密基地を思い描いてみることに・・・。すると、そこは不思議図書館でした。どうやら、彼女たちにとって秘密基地となる場所は不思議図書館だったようです。たしかに、ほかの人も入ってくることもないので一番適している場所でありそうです。そして、秘密基地が不思議図書館に決まったところで、キュアデコルを使って小屋などを作り、本格的な秘密基地が完成しました。

新しい秘密基地ではお茶をする光景も・・・。なんだかまるでピクニックみたいですね。こうして、決めセリフと秘密基地も決まりました。なんだかこう、一歩ず本格的な「チーム」といった感じになってきました。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事