パパのいうことを聞きなさい! 第10話 「私の青空」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「パパのいうことを聞きなさい!」の第10話です。


空にスポットをあてられた回でした。前回の美羽と同様、片道一時間半の通学や家事、ひなのお迎えなどがあって、いままでのような勝手とは変わってしまったようです。その後の話では、美羽は貧血になってしまったこともあったのだとか。

空にとっても、彼女が所属する合唱部に大きな影響が出てしまうことがありました。それは、学校を早く出なければならないこともあって、練習にも追いつけていないこともあったようです。家事と学校と部活の両立に迫られた結果、彼女が選んだ選択は合唱部を退部するということでした。

一方で、お隣に住む声優さんは、ひなが大好きなアニメ「ルナルナ」に出演していた仕事が終わったとのこと。しかも、ほかの仕事がなくなってしまったので実家に帰らなければならなかったようです。でも、それは彼女にとってやりたいことであり、あきらめなければならないという覚悟・・・なんだか、空と重なる節がありました。

彼女が合唱部を退部したことは祐太には話していませんでしたが、お隣さんのことが気になっていた祐太ですから、お隣さんを心配していたように空のことを引きとめていたことと思います。心配といえば、空が料理の練習中にやけどをしてしまった一場面では、彼女の手をとって「嫁入り前の娘にやけどの跡を残すわけにはいきません」といいながら、水で冷やしていたことも。なんだか、本当に「パパ」って感じがしていましたね。

合唱部を退部してからは、料理に励む日々。ときには、莱香先輩がごはんを作りに来てくれることもありました。先輩いわく、「美味しくできると、みんなが喜んでくれる」のだとか。たしかに、喜んでもらえると頑張りたくなってきますね。空もその言葉を励みに頑張る姿がみられました。

空が料理を頑張っているあいだに、祐太との会話のなかで迷惑をかけてもいいよという話がありました。それは、4人で助かっているからゆえのことで、みんなで暮らし始めてからそう思うようになったようです。空もこの話をとおして、大きく成長した様子がうかがえましたが、祐太も一人暮らしの時と比べて大きくかわった印象です。

そして、祐太からの言葉によって、合唱部へ再び通うことを決めた空。部長さんも退部届を受理していなかったみたいですね。お隣の声優さんも仕事が見つかったようで、みんながこれまでどおりの生活を続けることになったようです。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事