キルミーベイベー 第10話 「さんたつららてゆきだるむ」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「キルミーベイベー」の第10話です。


雪が降って大はしゃぎのやすな。雪だるまをつくったり、雪合戦をしたり・・・。いつものように、やすなにのせられて?雪合戦をすることになったソーニャですが、握りかためられて氷玉へと変化したあの雪玉は相当硬そうですね。

季節が冬ということで、クリスマスパーティを開いたやすな。ソーニャとあぎりを交えて三人でクリスマスパーティです。それにしても、学校の教室を使って大丈夫だったのでしょうか?最初に出てきたあぎりさんは偽物だったということで、結局誰だったのかも気になるところ。もしかすると、本当にソーニャに宛てられた手紙を差し出した刺客だったり、はたまたあぎりさんの忍術だったり・・・。

クリスマスといえばクリスマスプレゼント。やすなはラジコンを要望していました。どうやら、子供が遊んでいるところを見ていたら、自分も欲しくなったようです。ちょうど、昔に買ったラジコンを見つけて、なにか遊びを思いついたみたいですが、受信側のアンテナはソーニャに取り付けるかと思っていました。でも、そうなればそうなったで返り討ちにあっていそうな気がしますね。

クリスマスになれば、ソーニャの仕事もクリスマスバージョンに!?・・・なればいいな、というやすなの想像。そのなかでは、サンタクロースの衣装をまとった姿で、誰にもプレゼントを受け取ってもらえないというもの。なんだか、その光景がマッチ売りの少女と重なり合うものを感じました。そんなソーニャの、ギャップがちょっとあってよかったです。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事