ビデオカメラが壊れました

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
ビデオカメラが壊れてしまいました。

一応、動画の撮影はできるのですが、タイミングによって電源が落ちるという条件付きなのです。

恐らく、先日桜の撮影に出かけたときに、衝撃を与えた記憶がるのでこれが原因と思われます。

修理をするにしても数万円という見積もりになりそうな予感・・・。

ビデオカメラの使用頻度はかなり高いので、買い替える方向となりそうです。

というわけで、さっそく家電量販店でビデオカメラを見てきました。

そして、候補にあがったのが「HDR-PJ760V」と「HDR-CX720V」というどちらもソニーのカメラです。



SONY ソニー Handycam(ハンディカム) プロジェクター内蔵モデル PJ760V HDR-PJ760V-B 納期3週間




SONY ソニー デジタルビデオカメラ Handycam(ハンディカム) 64GBメモリー内蔵 CX720V HDR-CX720V-B


この二台、仕様を見た限りではプロジェクターの有無になるので、兄弟機という認識でいます。

そして、どちらも共通した特徴は・・・

・空間光学手ブレ補正
・最大広角26.0mmのひろびろワイド撮影

家電店に実際に触れる実機があったので、ガタガタガタと振って試してみたところ、現在使用のビデオカメラよりも振りが弱くなっているのを確認できました。それから、広角レンズはじっくりと試してはいませんが、車の中で撮影するときなどは非常に便利だと思います。

そしてもし、購入するとなったときに、最後の最後で迷いそうになりそうなのが、プロジェクターの有無です。照明が明るい店内ではプロジェクターを試すことができなかったので、レビューなどを参考にすることになりそうです。価格も2万円ほどの差があるので、プラスアルファの機能としてプロジェクターがあるものを買うのか、出費を抑えるためにプロジェクターのないものを買うのか考えどころとなってきそうです。

スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事