神のみぞ知るセカイ 2 3話 「地区長、来たる。」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「神のみぞ知るセカイ 2」の第3話です。


エルシィが人間界で駆け魂を集めている最中に再開した"親友"のハクア。それは卒業式以来の再開だとか。といっても、推定年齢300歳以上の二人にとって、それ自体が何年前なのかも気になるところです。

学生時代では優秀といわれていたハクア。いまでは、駆け魂隊の地区長さんだとか。もう、是非握手したいところです。そんなハクアは、駆け魂をこれまでに10匹も集めてきた経歴の持ち主。しかし、それは話の流れでつい言ってしまった嘘。本当は駆け魂を捕まえたことがなかったようなのです。そんなハクアがこの地にやってきたのは、逃してしまった駆け魂を追いかけるためでした。

逃した駆け魂を捕まえるために、ハクアに手を貸した桂馬。彼にとっても、駆け魂収集の概要を知りたかったこともあったようです。そして、ハクアから語られた駆け魂という存在は、いままで見聞きしたような容易いものではなかったということでした。そもそも駆け魂とは、エルシィやハクアといった"悪魔"とはまた違う"悪魔"なのだとか。しかも、放っておくと非常に危なくなることもあるようです。これまでは、成長しきっていなかっただけに、その恐ろしさはありませんでした。でも、今回の駆け魂はそうはいかなさそうです。生徒たちを失神させるまでの力を秘めた成長過程の駆け魂。いままでのように一発では拘留瓶にスゥーっと入らなさそうですね。どんな手を使って駆け魂を集めるのか気になるところです。いよいよ、ハクアの腕を是非。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事