咲-Saki-阿知賀編 2話 「始動」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「咲-Saki-阿知賀編」の第2話です。


長野へ転校してしまった和と再び麻雀を打つために、阿知賀女子の麻雀部を復活させた穏乃たち。今回はそんな部活が始動するまでの同好会と部員集めがメインとなったストーリーでした。そんなわけで、前回に部員となった穏乃と憧、玄の三人に加え、部活に必要な5人のうち残る二人が登場しました。一人は玄の姉である松実宥、もう一人が赤土先輩に幼少時から憧れていた鷺森灼という玄と同じクラスメイトです。

玄の姉である宥は寒がりであるらしいのですが、真夏にも関わらずコタツに入っているという極度さが特徴的。逆に熱中症とかが心配になりそうですね。しかしこの二人、姉妹とあって似ている部分が多いといった印象です。どんな手で麻雀を打っている姿はまだ見ることができませんでしたが、ドラに愛されているという玄に対してどんな能力があるのかが気になるところです。

そして、灼は玄のクラスメイト。赤土先輩に憧れていた子で、彼女のサイン付きネクタイの持ち主でもあります。玄の実家が旅館でありますが、玄の実家はボウリング場を経営しているそうです。それゆえに、クラスメイトの域を超えた長い付き合いがある関係といえますね。一時期の赤土先輩には納得いかなかったこともあったようですが、現在は実業団にいることを知って嬉しさを隠せない様子。しかも、憧れの先輩に指導してもらえるとあって、嬉しさに満ち溢れた表情がいいですね。

憧れの先輩に指導とありましたが、赤土先輩が麻雀部のコーチとなりました。彼女は麻雀部のコーチとして就任。かつて、晩成高校を倒した人物なので心強いものです。さっそく、特訓打ちが始まりましたが、豆ができるほどとは熱血ですね。清澄みたいに合宿とかもあるのでしょうか。ちなみに、彼女は実業団として入っていた会社の麻雀部が廃止となって地元に戻ってきたそうです。たまたま立ち寄った学校には麻雀部があったことにビックリ。彼女が最後に知っていたのは麻雀教室以来ですから、それは驚きのことですね。一緒にインターハイに行きたい!・・・といっていた赤土先輩に、年齢的にとツッコミを入れた憧もナイスでした。

こうして穏乃たちは高校生になり麻雀部もスタート。さっそく、晩成高校の憧と同じ麻雀部だった人と出会うことも!!この人たちが、阿知賀女子と戦う相手となるわけで、元仲間であったことを考えると・・・。ちなみに、公式サイトには彼女たちの情報はまだ出ていませんでしたが、清澄高校と龍門渕高校の情報がアップされていました。阿知賀編でも龍門渕高校が出てくるみたいですね。それから、咲のスカートの丈が第一期と比べて長くなっていました。これはこれでまたいいですね。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事