咲-Saki-阿知賀編 4話 「全国」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「咲-Saki-阿知賀編」の第4話です。


全国大会がスタート。はやくも、一回戦の勝敗が決まり、阿知賀女子が二回戦に進出が決定しました。対局の開始早々、玄がフリコミをみせることもありましたが、そのあとは一気に逆転勝利。しかし、彼女にドラが集まってくることを周囲には熟知されてしまったので、このあとの試合でどう危険を回避するのかがポイントとなってきそうです。

そんな全国大会ではここから試合を重ねて優勝を目指していくことになるわけですが、抽選によって決まったトーナメントによると、和と対局するためにはどちらも決勝までのぼりつめなければならないようです。しかも、阿知賀女子は決勝までに
白糸台、いわゆる咲の姉が所属する高校との対局もひかえています。これは、阿知賀女子が和と対局するのか、咲が姉と対局するのかのどちらかしか実現できなくなることを意味しているので、どういった展開になるのかが気になるところです。

それよりも先に、二回戦で千里山女子と戦うことになりますが、松実姉妹の手を読んでしまったようで、試合の序盤では追いつめられそうで心配です。ときに、敵となる阿知賀女子を応援している千里山女子の清水谷竜華の姿がありましたが、まさに清澄を応援したらいいのか、阿知賀女子を応援したらいいのかといった感じです。

ところで、阿知賀編において、龍門渕に続いて風越女子の池田も登場しました。彼女は全国大会の個人戦に進出する福路美穂子に同伴しているとのこと。個人戦となると、咲や和も出場することになっていますが、3話で合宿として対局した三箇牧ともつながってきそうです。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事