エクシングの新機種カラオケ「JOYSOUND f1」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
エクシングから業務用カラオケの新機種「JOYSOUND f1」が9日に発表されました。

HyperJoyWAVEやCROSSOといった、新機種のサイクルを見ても、ちょうど新しい機種が出てくる時期的に差し掛かったこのごろ。これまでの流れを見ると、次はナイト向けの機種が出てくると予想していましたが、今回は両方をターゲットにしているそうです。位置づけとしては「CROSSO」の後継機種となると思われます。

なんといっても早く現物を見てみたいところ。発売時期は6月ということなので、早ければ来月にはカラオケ店でお目見えすることとなりそうです。それまでは、公式サイトにある商品の紹介を眺めながら待ち遠しく思うばかりです。今回はそんな新機種の特徴をいくつかピックアップしてみました。

(1)「JOYSOUND」、「UGA」の両ブランドが培ってきた技術とノウハウを結集

両ブランドが統合してから最初となる業務用のカラオケマシンです。本体を除くと、昨年に発売された電子目次本の「キョクナビ」、(JR-300)モデルもあげられます。今回は一番メインとなるカラオケシステムですので、どんな仕上がりになっているのか非常に楽しみだと思われます。

(2)8.5インチワイド液晶タッチパネルを搭載

HyperJoyWAVEとCROSSOの本体は、イルミネーションでとてもスタイリッシュな反面、操作ボタンなどが少なかったので操作に不自由を感じていたことがありました。新機種では液晶タッチパネルを搭載したことで、再び本体で選曲することが可能となったとのこと。HyperJoyなどにもあった数字ボタン(タッチパネル)が復活するので、本体から直接選曲することが再び可能となりました。ただ一つ、簡易操作とあるので、ログイン機能などは使えるのかどうかが気になるところです。

(3)「コラボ動画」を、従来の2動画(画面)から最大5動画(画面)に拡充

これまでは、2動画でしかコラボできなかった「コラボ動画」が、一気に5動画に対応するそうです。これにより、グループアーティストの歌などをパートに分けて歌うといった使い方ができそうです。なにより、そのコラボを是非見てみたいです。


最後に電子目次本ですが、(JR-300)が「バージョンアップにより『JOYSOUND f1』に対応」とあるので、これがペアとなりそうです。HyperJoyWAVEやHyperJoyV2などの過去の機種にも対応していることを考えると、かなりの汎用性に優れていることがうかがえます。

スポンサーリンク

関連記事

関連する記事はありません。

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事