金環日食

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
金環日食の日がやってきました。

観察専用のメガネを持ってないので、太陽と月が重なっていく様子は見ることができませんでした。それでも、朝になったのに暗くなっていく様子、太陽が隠れてしまうと空気が冷やりとする様子を実際に体験できたので、それだけでも十分な金環日食を楽しめたと思います。

次に金環日食を観察できるのは北海道で18年後とのこと。また、日本の広範囲で観察できるのは300年後の2312年ということで、三桁の数字を見ただけで気が遠くなってしまいそうです。

海外では夕暮れ時に観察できるところもあるらしく、比較的、光の強さも落ち着いて観察しやすそうな気がします。なによりも、夕日とのまじわり具合は絶対に美しいこと間違いなしでしょうね。

スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事