咲-Saki-阿知賀編 7話 「信念」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「咲-Saki-阿知賀編」の第7話です。


全国大会の二回戦もいよいよ大詰め。副将戦では灼が、大将戦では穏乃が対局に挑み準決勝への進出枠を狙います。あちらこちらでは上級生の三人が特徴的な打ち方をするといわれていますが、その一人である灼の打ち方は千里山女子でもそこまで詳しく分析できていないようです。それがゆえに、同校の船久保浩子は分析がしてくてお気に入りの相手となっている節もあるようです。

肝心の試合ですが、序盤より点差を大きく開いてトップだった千里山女子は一位が確定。阿知賀女子も順調に得点を取り返して他校との二位争いを繰り広げています。そして、穏乃の大将戦もこのまま一気に二位の座を獲得なるかと思いきや、親で振り込み。ここにきてのそれはかなりの痛手だったようです。そのうえ、オーラスの配牌も微妙なものとなっていましたが、ここが穏乃の根性といったところでしょうか、大会前の交流試合でもみせた龍門渕との粘り強さを見ることができました。その結果、二位の劔谷への直撃狙いにより順位が逆転して阿知賀女子の準決勝進出が決定。最後の最後で直撃を受けた劔谷の安福さんの同様がいまでも頭から離れません。ライバル校ではありますがついつい同情してしまいました。それはまさに、赤土先生が大会で大量失点したときもこんな感じだったのかもしれません。

そんな赤土先輩は準決勝に向けて少し厳しくなってきました。プロへの誘いもあるので先生のなかでもいろいろと葛藤することがあるのだと思います。でも、先生が厳しくなるのもそのとおりで、次の準決勝ではついに咲のお姉さんである、白糸台の宮永照が出てくるのだから油断なりません。しかも、再び千里山女子と戦うことにもなります。試合も二日後にせまっているとあって、どのような準備をするのかが気になるところです。

ところで、準決勝進出前に街中でステルスモモが登場。「咲-Saki- Portable」では、キャラの使用率が個人的にナンバーワンの彼女ですが、和とゆかりのある人たちが阿知賀女子の麻雀部とつながるのが何だかいいですね。あとは、マホちゃんだとか千里山女子だとかも出てくると楽しそうです。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事