アスタロッテのおもちゃ! 第4話「パーティーのアンパサンド」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「アスタロッテのおもちゃ!」の第4話です。


ロッテの通う学校で、保護者を交えたパーティーが開かれることになりました。でも、ロッテだけはうかない様子。それは、ロッテの母親=メルチェリーダが、ユグヴァルランドの国王でもあるがゆえに、多忙でパーティに参加できないことにありました。パーティの招待状をユグヴァルランドのいる城へ届けるも、本人に直接渡せなかったロッテ。また、パーティ当日には、タッチの差で間に合わなかったメルチェリーダ。そこには、母と子ですれ違いの時間が流れることも。しかし、母と子が互いに会いたいという気持ちが存分にあることもまた事実です。その一つに、せめて寝顔だけでも見たいというメルチェリーダ。でもまさか、ここから意外な過去が明らかになるとは思ってもいませんでした。

ロッテとメルチェリーダの親子対面。と、その前になにか気になったのかメルチェリーダは明日葉と対面。一方、お母さんの”におい”がしたと目を覚ました明日葉。たしかに作中では、何度か「お母さんの”におい”がする」といったことを言ってましたね。でもまさか、においのもとがユグヴァルランドにあったとは。あれ?ということは、明日葉の母親ってもしかしてメルチェリーダなのでしょうか?これはまたかなり複雑な関係になってきましたね。この流れからしてロッテともあれで、メルチェリーダともあれということになるのでしょうか。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事