咲-Saki-阿知賀編 9話 「最強」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「咲-Saki-阿知賀編」の第9話です。


準決勝がはじまりました。阿知賀女子は二回戦でも戦った千里山女子と再戦する形となるこの試合。また、残る二校は新道寺女子と咲の姉=宮永照がいる白糸台高校です。最初の一局では様子を見つつも、あとからアガるたびに点数が高くなっていく連続和了の姉の驚異。アガるたびに得点が高くなるということは、回数を重ねれば役満連続なんてこともありそうです。ここでは、前年度優勝校であり、驚異的な強さであると噂されている彼女の麻雀をついに見ることができました。そういえば、照は先鋒戦に出てきていますが、お姉ちゃんと一緒に麻雀を打ちたいという咲は大将戦の選手。このままでは、一緒に麻雀を打つことができませんが、順番が変わるのかどうかが気になるところです。

照の驚異的な麻雀は、千里山の園城寺怜も一度フリコミを見せることがありました。彼女の能力は一巡先が見えるということがここで明らかとなりましたが、その能力は既に照によまれてしまったようです。そんな、怜の一巡先が見えるという能力は病気で入院したときに身に付いたものなのだとか。能力を使うたびに体力の消耗というのか、彼女が咳き込んでいる姿を見ると体調が心配になってきますね。特にあのオープニングを見ていると、なおのこと何かあるのではと思ってしまいます。

宮永照の快進撃は南一局の親番連荘で点数差を広げました。東一局の親番では様子見があったので、連荘とはなりませんでしたが、もし他の局で親番になっていたと思うと・・・。勝てば勝つほど点数が高くなるという彼女の特質から親の連荘は本当に恐ろしそうです。下手をすれば飛んでしまうこともあるのだから恐ろしいものです。ただ、照の快進撃を食い止める方法もあるようで、今回は怜がすばらっ!に差し込む形で、連荘をストップさせていました。ここでは敵同士でありながらも、差し込みによって照の親を流すという作戦に出たようです。そういえば、長野の地区大会個人戦でも部長と咲が同じ卓に入ったときに、咲がカンをできないように周囲の三人が協力していたなんてこともありましたね。

一方で阿知賀女子の先鋒戦、玄ちゃんは現段階でアガりがまだありません。大逆転を狙える数のドラは集まってきているものの、なかなかアガれるチャンスが見つからないようです。しかも、穏乃たちとの会話のなかで戦いたくない相手と言っていた、照が実際に目の前にいるのだから緊張もするものです。そういえば、回想のなかでの穏乃は制服を着ていましたね、二話以来でしょうか・・・。こうして、南三局目の玄ちゃんの親番で次話に持ち越しとなりました。巻き返しを狙うならこの親番がチャンス!!ドラが多い分、一度アガれば得点が高くなるので頑張ってほしいところですが、照がそのチャンスを許すのかどうか・・・。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事