さんかれあ 11話 「特別…なんかじゃ…ない」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「さんかれあ」の第11話です。


千紘と礼弥の父親=団一郎がついに対面しました。何としてでも礼弥を取り戻そうとする団一郎が千紘に挑んだのはフェンシングの試合。もちろん、千紘にとっては初経験のことで、それを得意としている団一郎とは圧倒的な差があるものです。そのうえ、千紘のお腹に突き入れるあたりはもう完全に犯罪のような・・・。それでも、危機的状況のなかで団一郎に頭突きをいれた瞬間は圧巻でした。

そのあとも、礼弥を連れ戻そうとせまりくる団一郎。でも、礼弥の意思と千紘の言葉によって団一郎も礼弥の束縛にようやく気付いたといった感じでしたね。これにより、礼弥が千紘と一緒に暮らすことも認められてよかったよかったといったところです。それにしても、千紘が団一郎に「お父様」と呼んでいたのはちょっとびっくりでした。でもそのあとには、「おっさん」と呼んでいたこともあって、この差のギャップが何だかおもしろかったです。

今回の件では団一郎の手から礼弥を助け出したいという千紘の思い・・・これぞ礼弥が求めていた自由=いわゆる責任を果たした姿だったのではないかなとも思いました。そしてまた、今回の連れ去りがあったからこそ、千紘はバニー礼弥やナース礼弥が見れたのでもあり・・・。といったところで、父親との話は丸く収まり一件落着!?肝心の千紘の傷は大事には至っていなかったのも何よりといったところ。散華家にいたときには傷口に痛みを感じていなかったらしいのですが、それは礼弥が千紘の傷口をなめていたことで毒が感染していたことが原因なのだとか。あのときの光景はここのことを意味していたようです。それにしても、かなり大きな傷だったので、まるで状況が礼弥のときの逆のように感じました。

といったところで、礼弥が再び千紘の家に戻ってくることになりましたが、次は恋のライバル=蘭子の登場といったところです。そういえば、互いにまだしっかりとした挨拶をしていませんでしたね。礼弥がゾンビになった経緯もまだでした・・・。そんななかで、蘭子がいきなり千紘のいい名づけであることを告白。こちらでもまた新たな展開が始まろうとしています。




スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事