咲-Saki-阿知賀編 11話 「決意」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「咲-Saki-阿知賀編」の第11話です。


準決勝先鋒戦も後半戦の半ばに突入。ここでも、宮永照の連続和了とラス親による連荘によって、他家の点数はさらに大きく開きをみせていました。そのなかで、何としてでも照の連荘を止めたい他校ですが、なかなか彼女のペースを崩すことができないようです。そこで、北大阪の園城寺怜が作戦にでたのは、能力で二巡先を見て阻止しようというものでした。いままでにも、二巡先を見たことにより倒れたこともあったそうで、準決勝の場でも命がけであることは間違いありません。しかも、一度ならず二度も二巡先を見ようとしたのだから、見ている側もドキドキして仕方ありませんでした。

結果的には二巡先を見ることができたおかげで怜がツモアガリ。照の連荘も阻止することができたので、結果オーライといったところでした。しかし、南場では照があっさりとオーラスに持ちこんで再び連荘。二巡先を見る能力を使ったあとの怜は、それ以降より顔色が優れていない様子で心配です。いつ倒れてもおかしくない状況であるゆえに、早くこの対局を終わらせてあげたい気持ちになってしまいますね。解説席のトークにもあったように、照の連荘は本当に長い闘いであるかのようです。

それでも照の連荘が続くオーラス。これが終われば先鋒戦も終了となるわけですが、怜が再び二巡先を見始めようとしていました。・・・と思いきや、今度はトリプル、三巡先を見ようとしていたのでビックリです。二巡先でさえ、体力の消耗が激しいのに、三巡先なんて見た日にはどうなってしまうのか予測もつきません。もう、あまりにも危険すぎて竜華でなくても、試合会場へ行って止めに行きたくなってしまいそうでした。怜には必ず、回想にあった帰りの飛行機での思いを果たしてほしいところ。このトリプル能力で試合が終わるのか否か!?そういえば、往路はバスで復路は飛行機みたいですね。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事