さんかれあ 12話 「あの瞬間…俺は…」(最終回)

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「さんかれあ」の第12話です。


礼弥の父親とも話がまとまり、礼弥が再び千紘の家に住むことになりました。ここから重要となるのは、常に腐敗が進行している礼弥の体を、いかにうまく保つべきかということになってきそうです。本人も腐敗に対して進行を感じているようで、あじさいの葉以外でも何とかしなければなりませんね。また、礼弥が蘭子とゆっくりと話をする機会もあるなどして、恋のライバルという点でも、ここから新しい展開が始まろうとしていそうです。

ここにきて礼弥がゆっくり千紘の家での生活が始まろうと思っていたら、気が付くともう最終回でした。この作品が始まったころは、ゾンビがたくさんでてくるホラー系なのかなと思っていましたが、全体をとおしてみてみると、一人の女の子が普通の女の子の生活をしてみたいという青春を感じさせる内容でした。一話を見終えたときには既に、礼弥の魅力に引き込まれており、いつも続きがきになる作品だったと思います。

そして、最終回は続きがとても気になる締めくくり方でしたね。あのあと、廃墟のボウリング場で何があったのでしょうか。学校にも再び通うことになったみたいですが、体の調子などを考えると、うまく学校生活を過ごすことができるのかどうか気になるところです。ただ、制服を着た礼弥はゾンビになってからというと、ゾンビに生まれ変わったときだけだったので、違う場面でもう一度見てみたいと思っていたところでした。これはもう是非、二期を・・・。




スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事