氷菓 12話 「限りなく積まれた例のあれ」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「氷菓」の第12話です。


神山高校の文化祭がはじまりました。「カンヤ祭」としての名もあるこの文化祭、えるの叔父にあたる関谷純との関係があったのは以前の話のとおりで、古典部の文集にある「氷菓」のタイトルが「アイ・スクリーム」とかけていた悲しい出来事があったことも思い出しました。実際のところ、叔父はいまどこで何をしているのでしょうか。

そんなカンヤ祭でハプニングが発生。それは、古典部が作った氷菓の文集が発注ミスで30冊から200冊になってしまったのだとか。販売場所の立地条件も悪いだけに、えるが販売スペースの確保、里志が周囲に宣伝という形でそれぞれ任務につくことになりました。とはいえ、二人とも文化祭をエンジョイしてそれどころではない様子!?でもある意味、えるの文化祭めぐりはいい宣伝になっているようにも見えそうです。奉太郎は店番に名乗り出ていましたが、これも省エネでありそうですね。

ところで、カンヤ祭を前に海外に出ていた奉太郎の姉が帰国していました。姉の話によると、カンヤ祭はそう簡単には終わらないということで、これまでの流れから考えると必ず何か起こることが予想されそうです。また、姉から壊れた万年筆を受け取った奉太郎でしたが、古典部の店番をしていたときにほかの生徒に譲ってしまいました。一見すると、ゴミに見えるものですが、ほかの人に手渡してしまっても大丈夫だったのでしょうか。もしくは、それが目的で姉は・・・。ただ、この万年筆がかなり貴重なものであることは間違いなさそうです。はたして、文集はすべて捌ききることができるのでしょうか。




スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事