氷菓 15話 「十文字事件」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「氷菓」の第15話です。


神山高校文化祭に忍び寄る謎の盗難事件。いよいよその真相に近づいてまいりました。そこには、好奇心に満ち溢れた千反田さんと、それを何とか回避しようとする奉太郎。しかし、時間が経つとそこにはいつのまにか事件の謎を解いている彼の姿がありました。摩耶花もそれが嫌であれば無視すればいいようなことを言っていましたが、奉太郎がそれを拒まないのは千反田さんに対する何かがあるからでしょうね。そんな姿を見ていると、千反田さんの好奇心は人の心を動かす力があるのだと思いました。そういえば、この文化祭では入須からも助言を受けていたことがありましたが、早くも遠垣内で実践してみたようです。教えてもらったことをそのまま言っていたところは、千反田さんらしさがあったのではないでしょうか。

肝心の盗難事件ですが、どうも法則性があるのだとか。それは、犯人が置き去ったカードの「十文字」がヒントになるそうで、五十音順の「あ」から「こ」までの十文字(=10文字)を意味するそうです。そして、その十文字が頭につく部が狙われるそうです。この件には占い研の十文字(じゅうもんじ)さんが大きく関係しているともにらんでいたのですが、話の流れからしてまったくの無関係なのでしょうか。そしてまた、頭に「か」がつく壁新聞部も被害にあっていました。個人的には号外のネタとして準備した、壁新聞部の企画だと思っていましたが、予想がはずれてしまいました。

ところで、十文字のなかに「こ」があるので、工作部と古典部のどちらかが狙われていることもわかりました。古典部としてはそれを逆手にとって、古典部を売り込もうとしているようです。果たして、犯人は工作部と古典部のどちらにやってくるのでしょうか。そもそも、犯人は一体だれなのやら。いまのところ、総務部長や入須が怪しいとにらんでいるところです。

それはさておき、十文字事件以外では摩耶花の漫研部でも一冊の漫画でいろいろあったほか、奉太郎の物々交換も継続中であるようです。やはり、本人もわらしべプロトコルとして実感していたみたいですね。今度は小麦粉から摩耶花の手鏡に変化しましたが、次は何に変わるのでしょうか。それとも、「コ」ンパクトミラーとか・・・。そうでなければ、姉の壊れた万年筆から始まったことは、最終的に再び姉の手元に渡りそうな予感がしてなりません。




スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事