日常 (第6話『日常の第六話』)

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「日常」の第6話です。

なのが机に器を押し付けてソワソワ。なかにはゴッキーが入っているのだとか。器で覆いかぶせたところまではよかったものの、そのあとに困ってしまった様子。ときどきネジが回ってましたが、止まるのではないかとヒヤヒヤする場面が二、三度ありました。あの場合、坂本さんに頼むのが一番の方法かもしれませんね。そのあとで、なのがハカセと一緒にお風呂に入ってました。一応、ロボットなので水には気を付けたいところですが、しっかり防水性があるみたいですね。

校長はよく校庭を散歩していますが、生徒たちが知らない間に実は、日々戦っていたようです。というより、校庭に鹿!?どこから入ってきたのでしょうかね。今日も廊下でゆっこが立っているところに不思議がいっぱいです。

ゆっことみおと麻衣の三人は川原でキャンプ。不意なことでカレーもごはんもダメにしてしまった、ゆっことみおが頼れるは大物の予感を察していた麻衣。と思ったら、釣った魚逃がしてるじゃないですか!!多分、麻衣はあの間ずっとキャッチ&リリースを繰り返していたのかも?ゆっこがなんとか持ってきた食糧はトコロテン、トコロテン。これもまた、ゆっこのむせた咳でとんでもないことになってましたね。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事