TARI TARI 6話 「笑ったり 想ったり」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「TARI TARI」の第6話です。


和奏には彼女の母=まひるとの思い出や約束の数々がまだまだよみがえってきました。ちょうど、父の圭介が親戚の家に手伝いに行ってましたが、和奏が熱を出してしまいまうことになりました。恐らく、雨の中で猫を探していたことが原因だったのだと思います。そんな彼女の熱を聞いてとんで帰ってきた父。看病する様子をみていると、学校に持っていく花を植えてしまったところもありますが、とても優しいお父さんであることがうかがえました。

もちろん、優しいのは父だけではなく母のまひるも同じでした。いつなんどきでも、音楽と愛情を和奏に伝えていた彼女。ときには、和奏に怒られることもありましたが、それは和奏への愛情であることが感じられます。また、病気のことを和奏には内緒にしていたのは、一緒に歌を作るという約束をしていたためで、病気になりながら作っても悲しい歌にしかならないからなのだとか。たしかに、歌にはその人の感情や想いが込められているというのは、音楽に詳しくない私でもわかるような気がします。そしてそれは、とてもまひるらしい理由だなと感じさせてくれたとてもいい話だったように思います。

そんなまひるの想いを父から聞かされて思わず涙を流した和奏。いまとなっては、ピアノやキーホルダーも捨ててしまいましたが、和奏にとってはやはり大切なものであったようです。しかし、本当は父がピアノもキーホルダーは捨ててはいなかったのだとか。さらには、まひるが残していた楽譜が父から和奏の手にわたり、まひるから受け継いだ約束の歌づくりがここから始まろうとしています。恐らくこの楽譜は父が病室で書きかけていた楽譜でしょうか。そういえば、来夏がはじめて和奏の家にやってきて、何もない広い部屋という印象を残していましたが、次にはピアノのある本当の部屋を見せることができそうですね。

さらには、和奏が合唱部にやってきて、母が残した合唱部のテープを聞きながら歌っている姿を見ることができました。これでいよいよ合唱部の5人がきちんと揃ったといったところでしょうか。いまの和奏は、少し前までの彼女とはかなり変わったという印象ですね。ただ、父のための朝食を電子レンジに入れておいたはいいのですが、まさか食パンを袋のまま入れてあったところはビックリでした。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事