氷菓 17話 「クドリャフカの順番」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「氷菓」の第17話です。


十文字事件の全貌が明らかとなりました。これまでに盗まれた部や物から、最後に狙われるのは古典部であろうと推理。また、千反田さんの校内ラジオの宣伝もあって、犯人を捕らえようと部室には大勢の人が押し寄せていました。もちろん、犯人が狙うと予想された校了原稿も用意して準備はバッチリ。・・・となるところだったはずが、あれだけの人がいたにも関わらず作戦は失敗してしまうことになってしまったのでした。しかも、壁新聞部の新聞には古典部が敗北したという見出しが大きく書かれてしまう始末。ここは絶対に犯人を見つけてほしいと思うところでしたが、どうやらこの犯行には古典部も絡んだ大きなカラクリがあったようです。

というのも十文字事件のなかで、最後の古典部での犯行は奉太郎が一枚噛んでいたのです。それは、古典部で校了原稿が盗まれる直前に、奉太郎が犯人である人物に会っていたことが大きく関係しました。その犯人とは、ずばり!総務委員長の田名辺治朗だったのです。どうやら、今回の一件は文化祭を盛り上げるだけでなく、摩耶花がとても気に入っていた漫画が大きく関係していた様子。実はこの漫画を作っていたのは、総務委員長生と転校してしまった人物、そして生徒会長の陸山宗芳だったのです。そのなかで、この事件は陸山に宛てたメッセージとしての意味合いが最も重要であるようでした。話によれば、陸山は良い作品の原稿を作っていたのだとか。それを表に出さなかったのは理由があってのことだとは思いますが、もしそうであるのであればその理由も少し気になるところです。

そういったわけで、犯人が総務委員長であることがわかりました。そして、奉太郎から提案されたのが古典部での盗難のカラクリへとつながっていくことになったのです。それは、どうやら十文字の手助けをする代わりに氷菓を通信販売で販売したり話題を作ったりするということ。まさか、奉太郎がホームページで閲覧していた通信販売がここで絡んでくるとは思っていませんでした。これを知った上で、古典部の部室での現場を改めてみてみると、総務委員長がそこにいたほかに、里志が奉太郎に送った目線の意味などの感じ方が大きく変わってくることがわかりました。

一方でこの漫画をめぐっては、摩耶花の漫研でも話題になっていましたが、作者のなかにいた転校してしまった生徒が河内と親しい仲だったようです。しかし、その生徒とは転校してしまってからは連絡もとっていないのだとか。しかも、河内が実はその漫画を読んでいないということもわかりました。その理由は彼女から語られていましたが、それにはなんともほろ苦さを感じるものがありました。

それはさておき、肝心の氷菓は部室分が最後の4冊を4人で売り分けて完売。通信販売分も総務委員が買い上げるという形になったので、古典部としては完全に売り切ったという形になったようです。こうして神山高校の文化祭も無事に終了。あらためて振り返ってみると、あちらこちらで「ほろ苦い青春群像劇」を感じさせてくれた文化祭だったという印象でした。一方で、ぬいぐるみを選ぶのに夢中だった入須先輩がとてもよかったです。




スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事