この中に1人、妹がいる! 6話 「猫耳メイドな妹たち」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「この中に1人、妹がいる!」の第6話です。


芽依が営む喫茶店。しかし、彼女が渡米するために閉店するという噂が流れていました。どうやら、閉店する理由として採算があっていなかったということもあったのだとか。そこに、何としてでも閉店を食い止めようと立ちあがったのは将悟でした。それにしても、さすがは帝野グループの御曹司といったところ。宣伝や料理のアドバイスを聞いて店を立て直すことに成功したのでした。ちなみに、お店にはお手伝いにやってきていた心乃枝の姿も!?芽依特製の感情で反応する猫タイプの尻尾は何だかスゴかったです。

芽依のオリジナルといえば、心乃枝が妹の声で電話をしていたボイスチェンジャーを開発したのも彼女だったようです。ちなみに、芽依は喫茶店も立て直すことができたのでアメリカへ行く話もなくなりました。そんなこともあって、いきなり将悟に詰め寄る芽依なんてことも・・・。

ただ、彼女が将悟の妹と思わせるところがありましたが、彼女は将悟の妹ではないことがわかりました。どうやら、ここ数日の早朝電話は彼女の策ではあったようですが、それは将悟の妹をかばうためだったのだとか。というのも、芽依は妹と付き合いが長いのだそうです。それゆえに、有力な情報の持ち主と出会ったにも関わらず、いまは教えてもらえないのだそう。このことから、妹も同じ学校に通っているというので、いつも芽依と妹が顔をあわしているということになりそうです。それがどんな様子なのかが気になりますね。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事