「JOYSOUND f1」を体験

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
ついに、待望だった「JOYSOUND f1」を体験してきました。

まずは筐体です。

JOYSOUND f1


一言で言うならばメタリックというのでしょうか。これまでのスマートなデザインから存在感のあるデザインにチェンジした印象です。音量などの調節を丸型のつまみを回せるので使い勝手がいいように思いました。

次にチェックしたのは電子目次本=キョクナビです。

キョクナビ(JR-300)


こちらは、f1よりも一足早く登場した「JR-300」型。従来のV2やUGAにも対応した万能型タイプさんで、アンドロイドを搭載したという点でも注目のキョクナビです。

また、WAVEのときにもあったキョクナビだけで遊べるミニゲームなどもありました。そして、夢中になってしまいそうな機能が「おえかき ポン!」。新商品の発表時に紹介があったかは記憶にないのですが、カラオケ画面にキョクナビで描いた絵を映し出すことができるというものです。しかも、従来のフォト機能はそのままに、登録された写真に絵を追加して映し出すことも可能。また、お絵かきだけで映し出すときは背景を透明にしておくなんてことも可能でした。本人映像のときに吹き出しとセリフをつけて映しだすなんてことも可能です。

さらに、ペンの太さや筆、色もいくつか選べることが可能。

ここで、ブログのマスコットさん何名菜丹香さんを描いてきました。

キョクナビ(JR-300)で描いた何名菜丹香


ほんと、カラオケで一体何をしているのやら・・・。

そういえば、一つだけ気になったのは保存ができないということです。これを何かしらの形で保存することができればいいと思いました。また、キョクナビを使いまわすときには、この画面を消さなければならないので、一時保存機能もほしいところです。

カラオケ画面に映し出すとこんな感じになりました。

キョクナビ(JR-300)で描いた何名菜丹香をカラオケ画面に反映


肝心のカラオケですが、アニメ映像が従来に比べて充実してきました。なかにはUGAのものがJOYSOUNDに統合されたものもあるようです。

キョクナビ(JR-300)


ボイスエフェクト機能も健在で設定画面はイラスト付きになっていました。

ボイスエフェクト


また、演奏開始前にアバターが表示される機能も追加されていました。こちらは、CROSSOでもいつ頃かわかりませんが、見ることができるようになっていました。ちなみに、この機能はマイページの設定から解除することも可能です。

キョクナビ(JR-300)


最後に、さすがは「JOYSOUND×UGA」といったところ。

間奏時間などが表示されるあたりはUGAを彷彿させるものがありました。

スポンサーリンク

関連記事

関連する記事はありません。

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事