氷菓 21話 「手作りチョコレート事件」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「氷菓」の第21話です。


冒頭から摩耶花がチョコレートを勢いよく食べていましたが、どうやらそれは里志にプレゼントするはずだったバレンタインチョコだったようです。しかも、それは中学生三年生のときの出来事でした。里志も理由があって受け取らなかったわけでありますが、これまで里志が摩耶花の告白を断ってきた理由がここでわかってくることになりました。

今年こそはチョコレートを無理やり口に入れ込むほどの意気込みを見せていた摩耶花。カカオ豆からチョコレートを作ろうとしていた意欲にはお見それです。その一方で、千反田さんはバレンタインデーのチョコレートは作らなかったみたいです。どうやら、付き合いの深い人にはお歳暮やお中元を贈らないことにしているとかなんとか・・・。バレンタインもその一つなのだそうです。そう考えると千反田さんは・・・。しかしながら、バレンタインもお歳暮やお中元と一緒に考えているのは、千反田さんらしさを感じるところがありました。

こうして完成した摩耶花の手作りチョコ。ただ、残念ながら漫研があって里志に直接渡せないので、部室に置いておくという形になってしまいました。しかも、ここからがトラブルの発生のはじまりとなってしまうことに・・・。それは、部室に置いてあったチョコレートが消えるということでした。疑いの目は天文部などにもかけられましたが、その犯人はなんと里志だったという事実。料理コンテストでは派手なパフォーマンスを見せてくれた沢木口さんも今回ばかりは怒ってましたね。

それにしても、犯人さがしで、責任を重く感じていた千反田さんのあんな表情は初めてでした。今回の事態では千反田さんを巻き込んでしまったことを奉太郎も気にかけていましたが、摩耶花も里志が犯人だったことに気づいていたみたいなので、そのあたりは摩耶花から千反田さんに少なからずフォローがあった雰囲気だったのでよかったです。

ところで、里志が摩耶花のことをどう思っているかについてですが、自分が甘えていると思っていることを理由に摩耶花を受け入れることはまだできないみたいです。これまでにも、摩耶花が里志のことを好きだってことをアピールしているあたりを見ていると、今回の件ではほろ苦さを感じるものがありました。しかし、答えがもう少しで見つかりそうということなので、里志がどう動くのかが見どころとなりそうです。




スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事