この中に1人、妹がいる! 12話 「妹はずっと、そばにいた」(最終回)

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「この中に1人、妹がいる!」の第12話です。


雅とのデートの最後は芽依が営む「リリカルシスターズ」でしめくくり。別れ際には将悟と雅がキスすることもありましたが、雅の告白は将悟には受け入れてもらうことができませんでした。それもそのはず、実は本当の妹が雅であることがわかったのです。それは、将悟が柚璃奈を疑い始めて問い詰めたことによって、すべてがわかったのでした。

といっても、DNA鑑定では柚璃奈が将悟と兄妹であることが証明されましたが、それは瀬利秘書のねつ造によるものだったみたいです。そういえば、過去にも将悟が心乃枝と雅にDNA鑑定のお願いをしていたことがありましたが、雅がそれを断っていたのは本当の妹であることがバレないようにするためだったと考えると、あのときの拒否も納得できるものがあります。

柚璃奈は翌日にも将悟と同じアパートを去って行きましたが、雅は彼女に妹であることを証明する手紙や話をしてしまったみたいです。さすがに、これからは何もないというわけにはいかないかもしれませんが、衣楠も手を打ってあるということなので恐らく大丈夫でしょう。それにしても、柚璃奈が女優の仕事の一環といって将悟に近づいていましたが、一体個人的な仕事であるのか気になるところです。瀬利秘書とのつながりもありそうですね。こうして、あらためて思ってみると、いつしか将悟の学校に見学に来ていた社長さんもそうでしたが、将悟の社長の座を揺るがそうとしている人物がかなりいることがわかりました。

といったところで、雅が将悟の妹であることがわかって今度こそ妹の件は一件落着。いままでは雅が将悟のことを名前で呼んでいましたが、「お兄ちゃん」と呼ぶようになったのは少しこそばゆい感じがしますね。そして、これからは将来の結婚相手となる女性はまだ見つかっていないので、将悟が誰を選ぶのかがこれからの話となりそうです。はたして、彼は誰を選ぶのでしょうか。

そういったところで、「この中に1人、妹がいる!」の全12話が終了。この作品も今回で最終回となってしまいました。しかし、実はこの話の続きとしてOVA版のBlu-ray&DVDが発売されるとのこと。雅が将悟の妹となったばかりで、このあと一緒に暮らすのかどうかをはじめ、生活にどのような変化が出てくるのかがとても気になります。発売は2013年3月27日(水)ということでチェックです。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事