中二病でも恋がしたい! 2話 「旋律の・・・ 聖調理人」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「中二病でも恋がしたい!」の第2話です。


中二病少女の小鳥遊六花と出会った主人公=富樫勇太。今回は六花と一緒に同居している姉=小鳥遊十花が登場しました。まず最初に姉の十花ですが六花が引っ越してくる前から勇太の上の階に住んでいる住人さんです。どうやら、猫が苦手であるのだとか。そして、勇太が中二病時代をこっそりと録音していたデータを所有している人物でもあります。

そんな、お姉さんですが六花とは戦っていることがしばしば。といっても、中二病ではないみたいですが、おたまを使ったあの命中力と飛距離は右に出るものがいないといったほどです(個人的感想)。どうやら、ここ数日はそんな戦いが繰り広げられているみたいですが、六花が猫を拾ってきたことがことの始まりなのだとか。しかも、勇太はもとより迷子になった猫を探していた先輩の五月七日くみんまでが巻き込まれることになりました。また、勇太が中二病だったことがくみんに知られるなんてことも!?

それにしても演出がまさに戦闘ものそのもの。いきなりこの場面でテレビをつけたら戦いものと間違えてしまいそうです。しかし、そんなバトルシーンもはたからみると普通の光景であるという・・・。客観的な視線がまたおもしろいですね。六花は姉に勝利する日がくるか否か。

一方で勇太は一色誠の推薦によってクラス委員になりました。それは、偶然にも丹生谷森夏と同じクラス委員になれるということにもなりました。ちょうど二人きりになれる機会があって、いろいろと話をしていましたが、この丹生谷さんも何か過去がありそうですね。もしかすると実は同じ中二病だったり・・・。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事