ひだまりスケッチ×ハニカム 11話 「お姉ちゃんだったのですね」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「ひだまりスケッチ×ハニカム」の第11話です。


ゆのと宮子はクラスメイトと一緒に吉野家先生の家でお手伝いを引き受けていました。お手伝いというのは、吉野家先生が持っていた美術の本を学校に寄贈するために整理と運搬をするというもの。その過程では、吉野家先生の卒業アルバムが出てきたり、吉野家先生の弟さんが出てきたり・・・。さらには、吉野家先生が自分の声を録音した目覚まし時計まで登場。毎日の朝を自分の声で起こされるというのは一体どんな感覚なのか気になるところです。

気になるといえば夏目のことも目が離せません。ひだまり荘のクリスマスパーティに招かれた夏目でしたが、いつものように人見知りで真っ赤になる夏目とは違った姿が見られたのが印象的でした。ひだまり荘にはすぐに馴染んでいましたし、もうしばらくそこでの様子を見ていたかったところでしょうか。パーティの後は家に帰らずにそのままお泊りなんかも・・・。また、沙英の小説を読んでいたことがバレてしまいましたが、それが分かってからの沙英との顔合わせがどんな雰囲気であるのかが楽しみですね。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事