さくら荘のペットな彼女 11話 「銀河猫にゃぼろん」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「さくら荘のペットな彼女」の第11話です。


学校の文化祭がはじまりクラスの出し物当番を担いながら、さくら荘で企画していた「にゃぼろん」の制作を進めていた空太。ましろも美咲先輩のお手伝いとして猫娘として看板娘の役割を担っていました。ただ、空太が想像していた猫娘や看板娘とは異なっていましたが、これはこれでとてもかわいらしい猫娘だと思います。

そして、肝心の「にゃぼろん」は完成間近といったところ。しかし、完成の直前で空太は何か物足りなさを感じているようです。そこに関しては、文化祭で演説に来ていたクリエーターさんの言葉や美咲先輩の活力が刺激になった様子。演説に来ていたクリエーターさんといえば、この前に「ゲーム作ろうぜ」の選考委員の一人だった人でしたね。空太がプレゼンテーションのときにはこの人から「あなたはクリエイターになるのはどうすればいいと思いますか?」という質問を受けて頭が真っ白になってしまいましたが、その答えのきっかけが見つかってきているといった感じがします。

こうして、さくら荘の全員で取り組んだ「にゃぼろん」がついに完成。あとは上映を待つのみといったところです。その前に、空太にましろが会いたいというメールを受けて二人きりに話になるようですがそれは次回のお話。リタによれば、文化祭が終わればましろがイギリスに帰ることをましろの父親に報告しているみたいなので、空太がどう引き止めるのかが気になるところです。また、龍之介がリタといろいろあって以来というもの、リタは彼に興味津々で部屋に居座っているようです。しかも、リタにはメイドちゃんもお手上げといった様子?このあたりも目が離せませんね。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事