ドキドキ!プリキュア 「ガーン! キュアハートの正体がバレちゃった!!」 2話

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
マナがプリキュアであるという正体が!!


大貝第一中学校の生徒であり、生徒会長である相田マナが社会科見学中に遭遇したのはジコチューという怪物。また、そんなジコチューからマナを助けてくれたのが、敵さんからは最後のプリキュアと呼ばれていたキュアソードでした。そのうえ、マナ自身がプリキュア=キュアハートに変身してジコチューと戦うことに!?前回はマナがプリキュアに変身したところで終了となりました。今回はそれの続きということで、キュアハートがジコチューを倒すところから始まりました。

プリキュアに変身したマナは ジコチューに捕えられているキュアソードを助けるために、軽い身のこなしでジコチューを撃破。その際にはジコチューを完全に倒すのではなく、浄化するという形で決着をつけていました。キュアソードもキュアハートがジコチューを浄化したことには意外な様子をみせていたので、これまで違った戦いをしてきたのかもしれません。それにしても、キュアソードがキュアハートと一緒になるまでには少し時間がかかることが予想されそうです。

ジコチューとの戦いを終えたマナは何とか変身を解いて立花たちと合流。たしかに、プリキュアに変身することはあっても、解く方法ってあんまりピンときませんね。何かを意識すると変身を解くことができるのでしょうか。それはそうと、今回の件で立花はマナに何かあったことを察していたようです。そのため、マナもプリキュアのことをすべて立花に話しましたが、なかなか信じてもらえない様子。しかも、マナがプリキュアであるということは秘密にしておかなければならないのだとか。ただ、そのことを立花には黙っていることが辛いマナは、次にジコチューが現れたときに立花の前で変身してしまいました。ここでは、バレてしまうというよりは、本当のことをちゃんと話したいという意思の強さがあったことが感じられそうです。

こうして、立花にもマナがプリキュアであることがわかったところで、立花の協力もあってジコチューを撃破することに成功。ただ、今回の戦いでは立花はプリキュアにはまだ変身しなかったようです。それにしても、ジコチューは信号機が変形したものでしたが、押ボタンという弱点が備わっていたことにはビックリでした。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事