次期 Office 無償アップグレード プログラム

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
2013年2月7日にマイクロソフトより、次期Officeが発売となりました。

それに伴い、発売前より告知されていた「次期 Office 無償アップグレード プログラム」についても、発売後に案内が行われました。その案内は、事前にOffice 2010を購入していた私のところにも届いており、その案内に従って新しいOfficeをインストールしました。

次期 Office 無償アップグレード プログラム


キャンペーンページで、対象期間中にライセンス認証したプロダクトキーを入力します。

次期 Office 無償アップグレード プログラム


「Office Personal 2010」を購入していたので、「Office Personal 2013」が提供されます。

案内に従って作業を行うとこのままインストールが行われるようですが、ここではOfficeのインストールデータを保存しておくために、画面下の「アカウント オプション」から「ディスクからのインストール」を選択してインストールすることにしました。

次期 Office 無償アップグレード プログラム


さらに、一番下の「ディスクに書き込む」を選択。データはイメージファイルなので、これを使ってインストールDVDを作成するか、Windows 8に備わっている仮想ドライブにします。ちなみに、今回は後者の方法をとりました。また、インストールディスクは有償で手に入れることもできるようです。

次期 Office 無償アップグレード プログラム


動画のガイダンスを見ながらインストール作業が開始されました。

次期 Office 無償アップグレード プログラム


インストール時間はあっという間でした。

インストール後にスタート画面を見てみると、新しく「Word 2013」や「Excel 2013」のタイルを発見。・・・と、その傍らで既に存在していた「Word 2010」や「Excel 2010」のタイルも発見!?どうやら、今回のインストールでは上書きではなく、前のバージョンを残したままインストールされるようです。

それはそうと、さっそく試しに「Word 2013」を起動。こんな感じで起動します。

次期 Office 無償アップグレード プログラム


そして、新しい作業ウィンドウです。リボンUIはそのままに、デザインはWindows 8といった印象です。

次期 Office 無償アップグレード プログラム


背景と文書が同じ配色だったので、「Office テーマ」を「濃い灰色」に変更しました。

次期 Office 無償アップグレード プログラム


このほか、注目どころは「Microsoft アカウント」を使ったクラウドとの連携でしょうか。そのため、Office 2013では「サインイン」という言葉をよく目にします。インストール時のガイダンスでも説明がありましたが、タスクバーにもサインインの表示がありました。

今回はアップグレード プログラムの手続きと、プログラムのインストールを完了したところまでとします。これからしばらく使用して、新機能などを含めて何か気になったことがあれば随時、取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事