ビビッドレッド・オペレーション 7話 「ゆずれない願い」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「ビビッドレッド・オペレーション」の第7話です。


あかねはアローンと戦っていることが影響して、学校の成績が下がってしまったようです。このままでは、補習になるということも・・・。そうなると、アローンとの戦いにも影響が出てしまって悪循環に陥ってしまいます。そこで、あおい・わかば・ひまわりの三人があかねの家で勉強を教えることになりました。しかも、そこにはれいの姿も!?どうやら、彼女の狙いは示現エンジンを開発した祖父にあったようです。

しかし、そんなれいもあかねたちと一緒に過ごしているなかで心境の変化が見られてきました。そもそも、彼女が生き物にやさしく接している面があるのは、これまでにも何度も描かれているとおりで、悪い子であるようには見えないのですが・・・。そんな、やさしさのあるれいは、前回につづけて再び彼女が気絶させられました。冷蔵庫のなかで保存中の祖父の体も大胆ですが、れいの気絶のさせかたも大胆でしたね。おそらく、れい以外の三人も初めて冷蔵庫にいる姿をみたときはビックリしたことだと思います。

そんななか、またもやアローンが出現。あかねたちとれいは、アローンを通じての関係を知りませんが、アローンが出現するたびに同時に現場にかけつけているので、いつかその存在に気づくのも時間の問題となりそうですね。今回のアローンでは、あかねたちのファイナルオペレーションとれいの矢が同じタイミングで放たれました。しかし、れいの矢のほうが少し遅かったこともあってか、アローンを撃破したあとにアローンがパワーアップして復活。しかも、それにあかねが巻き込まれてしまうということに・・・。さらには、地上でアローンが復活したことで街もたいへんそうです。はたして、あかねの運命やいかに。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事