ドキドキ!プリキュア 「お断りしますわ!私、プリキュアになりません!!」 4話

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
ひだまりポカポカ、キュアロゼッタ誕生。


4人目のプリキュアとしてキュアロゼッタ=四葉ありすが誕生しました。前回の最後あたりにマナと立花に会いに来た彼女は、二人とはどういった関係であるのか気になっていましたが、どうやら小学校からの幼馴染であったようです。そんな、ありすは四葉財閥のお嬢様。月に一度は二人を招いてお茶会をしているのだとか。思っていたよりも、頻繁に会っているようです。

今回も、二人に会いに来たのはお茶会の誘いかと思いきや、どうやら違う様子。実は、彼女にプリキュアの正体がバレていたのでした。その証拠にマナがプリキュアに変身している映像がスクリーンに映し出されました。どうやら、至る場所に設置されていた、防犯カメラに映っていたようです。ありすの屋敷で、プリキュアの映像を大きなスクリーンで見られるのが何ともうらやましい限り・・・。ではなくて、プリキュアの正体がバレてしまって大ピンチです。しかも、執事さんにまでバレてしまっているようで、ちょっと珍しいケースですね。しかし、ここは四葉財閥が全力でサポートすることを提案してくれました。その証に、ジコチューが出現したときはその居場所を瞬時に特定かつ、即座に移動をサポート。それは、とても心強いサポートです。

ちなみにありすもプリキュアではなく、二人のサポート役として買って出ました。もっとも、彼女がプリキュアにならない理由も過去の出来事が影響していたのだとか。ただし、ランスの強い希望もあったことで、彼女もプリキュアに変身することができました。こうして、今回のジコチューは三人で撃破。それにしても、これまでに何度か登場してきたジコチューですが、弱点がすごくわかりやすいですね。あとは、マナがタワーで助けてもらったキュアソードを含めれば4人が揃えば完璧。ここは、どのように親しくなっていくのかが注目どころです。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事