ささみさん@がんばらない 8話 「戦略的孤独」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「ささみさん@がんばらない」の第8話です。


学校に通い始めるようになったささみさんが、再び部屋に閉じこもってしまいました。しかも、誰も入れないように固く閉ざされた部屋には、お兄さんまで出入りできない状態です。やはり、前回の母親との関係が影響しているのでしょうか。しかし、邪神三姉妹の力で部屋に入ってみたところ、どうやら理由は別のところにあったようです。それにしても、前回に続けてたまの力といい活躍がすごかったですね。

そんな、ささみさんが部屋に閉じこもった理由に至る原因は、少し前の過去に影響しているようです。特にそれはささみさんの母親にも関係している様子。そう考えると、やはり今回の閉じこもりは広い意味で母親に関係があったようです。そんな、母親も関係する過去は、ささみさんが幼い時のころのこと。そんな過去にささみさんがタイムスリップしてその出来事を眺めていました。

そこで見られたのは、ささみさんに対してとても優しさのある母親の姿の数々。ときにお茶目なところは、前々回にささみさんとの商店街での出来事と変わっていなかったようにも思いました。また、屋敷には幼いころのささみさんの姿があったほか、お兄さんの姿も見られました。ここでも、母親とお兄さんの関係が気になる描写がありましたが、これまた何かあるようですが謎のままです。

そんな屋敷に何者かが出現。しかも、過去のささみさんがとらわれたという状態です。また、現在のささみさんが気づいたときには母親の体に乗り移っているという状態に!?これはどうやら、ささみさんが気づいたように、ただの過去ではないようです。そもそも、この過去にタイムスリップさせたのは、ちょうど帰ってきたばかりのつるぎでした。肝心のつるぎの姿は見当たりませんし、このタイムスリップにはつるぎのどういった意図があったのか気になるところです。あとは、ささみさんが閉じこもることになったきっかけですね。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事