さくら荘のペットな彼女 21話 「誰のせいでもなく雨は降る」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「さくら荘のペットな彼女」の第21話です。


さくら荘の取り壊しに反対する署名も集まらないなか、七海や空太のオーディションも残念な結果が続いてしまうなど、タイミング的にかなりつらい状況となってしまいました。特に七海に関してはかなり心配になるほどの放心状態。彼女がオーディションの結果を受けてから、署名活動にも明るくふるまっていただけに、やはりだいぶ無理をしていたようです。しかし、言いたいことを言えたみたいなので、ここで一度はスッキリすることができたのかなと思います。ただ、さくら荘の存続が解決するまでは心配ではありますが・・・。

肝心の署名は数が集まっていない様子。このままでは反対意見も出せないまま、さくら荘の取り壊しが実施されてしまいそうです。そこで動き出したのがましろでした。彼女が口にしていた「私がさくら荘をまもるわ」の言葉はやはり、さくら荘を出ていくことを意味していたようです。また、それに拍車をかけたのが、ゲーム会社からましろに宛てられた依頼の手紙だったのかもしれません。そんな彼女ですが、イギリスに帰国することはないと思うのですが、彼女がさくら荘を出てどこに住むのかは気になるところです。

ここにきて、いろんなことがタイミング悪く重なってしまったように感じました。そのこともあってか、エンディングも少し明るさが暗くなっていたように思います。しかし、空太たちがこの状況とどう向き合うのか、そしてどのようなクライマックスを迎えるのかが最終回に向けて重要となってきそうです。そして、それがどのようにストーリーを運んでくれるのかが楽しみです。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事