たまこまーけっと 10話 「あの子のバトンに花が咲く」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「たまこまーけっと」の第10話です。


たまこの学校の文化祭。たまこが所属するバトン部も、ゴールデンタイムといわれる時間帯にステージで披露することになりました。そのため、自分たちで衣装を作ったり、振り付けを考えたりと大忙しです。そんななか、振り付けを引き受けていたみどりが、なかなか良いアイデアが思い浮かばなくて思い悩んでしまうことに・・・。なかでも、トイレでの史織との出来事は、史織がたまこたちと友達になるまでのときを思い出しましたね。それでも、みどりが諦めずに考え続けていたことには、バトン部の部長としての責任感も感じました。しかし、みどりのことを心配していたたまこたちもフォローもあって、衣装も振付も無事に完成することができました。また、デラのおもしろいダンスは、みどりを元気づけるきっかけとなりました。デラとしてはそれを意図していたのか否かはわかりませんが、いずれにせよナイスフォローでありました。

ところで、チョイちゃんは裁縫が得意みたいですね。ステージの衣装もちょちょいのちょいで仕上げていました。また、文化祭で披露したまこたちの演技にもとても感動していた彼女。そんな彼女がここで確信したことが一つあるようです。それは、たまこがデラとチョイがずっとさがしていた王子の妃であるということ。いきなりの告白に困惑するたまこでしたが、一体どういうことなのでしょうか。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事