たまこまーけっと 11話 「まさかあの娘がプリンセス」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「たまこまーけっと」の第11話です。


王子のお妃様として、チョイやデラが探し求めていた人物がたまこであることがわかりました。いきなりの事実を告げられたことに、たまこの友達や商店街の人たちは驚きの色を隠せていない様子。たまこの父も、父親として寂しい背中をみせる一面が見受けられました。また、そんな父の気持ちを察するデラは、なかなか渋いところがありますね。

ところが、肝心のたまこはというと、お妃様の話よりも商店街のポイントカードに夢中!?・・・というのも、小学生のときから集めていたものが、ようやくたまったのだそうです。1枚のカードにスタンプを数十個押したものを、100枚というのだからコツコツためてきたことに対する、思い入れがあることがわかります。景品はピッカピカな商店街の特製ゴールドメダルだったようです。

たまこが王子のお妃様であるということは、修理が完了したデラを通じて報告されました。修理というのだから、デラとはやはりロボット的な何かなのでしょうか。また、お妃様に関しては、たまこ自信がどうしたいのか気になるところですね。終始、何かの間違いであるということを口にしていましたが、商店街を見渡していたときには、寂しそうな気持ちであるようにもみえました。そんななか、王子も商店街に登場!?はたして、たまこが出す決断とは・・・。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事