スーパー早特きっぷ or こだま早特往復きっぷ

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
JR西日本から春シーズンにあわせた、山陽新幹線のお得なきっぷについて発表されました。


【参考記事】

山陽新幹線「新大阪~博多駅間」にトクトクきっぷを新発売!
http://www.westjr.co.jp/press/article/2013/03/page_3488.html



発売されるきっぷは、「スーパー早特きっぷ」、「こだま早特往復きっぷ」、「山陽新幹線4枚きっぷ」の三種類。個人的に注目したのが「スーパー早特きっぷ」、「こだま早特往復きっぷ」の二つのきっぷです。

詳細はJR西日本のホームページにあるニュースリリースのとおりですが、「スーパー早特きっぷ」は新大阪~博多(設定区間あり)の片道乗車券で、「のぞみ」、「みずほ」、「さくら」のいずれかを10,000円で利用できるというもの。また、「こだま早特往復きっぷ」は、大阪市内~北九州市内(設定区間あり)の往復乗車券で「こだま」を15,000円で利用できるというものです。「こだま早特往復きっぷ」に関しては発着が特定都区市内となっているのがポイントではないでしょうか。

ところで、個人的に注目している理由ですが、「スーパー早特きっぷ」であれば、山陽・九州新幹線のN700系に乗車する機会がありますし、「こだま早特往復きっぷ」であれば、新大阪から博多までの区間を、「こだま733号」のように500系が充当されているところに乗車するチャンスがあるからです。この二つのきっぷの差額は片道計算で2,500円となるので、乗りたい車両で選ぶほかに、移動時間の都合といった関係で、使い分けたいきっぷではないかと思いました。

スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事