やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第2話 「きっと、誰しも等し並みに悩みを抱えている。」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の第2話です。


奉仕部に新しい相談者がやってきました。部室に怪しい人物がいると間違われていた、彼の名前は材木座義輝。実は八幡の知り合いでもあったようです。そんな彼の相談は、自身が自筆した小説の評価をしてほしいというもの。ところが、雪乃たちから告げられた評価はものの見事にストレートでした。ちなみに、この評価では思ったことを遠慮して口にできない由衣も、ちゃんと評価できていました。これも、この直前にあった出来事や雪乃と出会ったことによる効果のあらわれでありそうです。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事