ドキドキ!プリキュア 「夢か約束か!六花おおいに悩む!」 14話

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
立花が競技かるたに挑戦です。


立花は学校の試験で学順が下がってしまいました。そのことがあってか、最近は彼女に元気がなければ、学校が終わるとすぐに帰ってしまうほど・・・。家でも様子がおかしいというのは彼女の母親でした。しかし、それにはちゃんと理由があって、立花が最近新しく興味をもったことにあったようです。

その興味をもったというのが「競技かるた」であるとのこと。百人一首の本を読んでその世界に興味をもった彼女は、夢中になって気が付けば練習場に通うようになっていたようです。ここは、立花が医者になろうとひたすら勉強をしているように、一つのことに集中して頑張っている"らしさ"を感じました。

ところが、勉強がおろそかになってしまったことを気にしていた立花は、もうすぐ開かれる「かるたクイーン」との勝負を最後に、競技かるたをやめることを決心。そのため、「かるたクイーン」と全力で戦えるようにマナたちも練習につきあっての猛特訓がはじまりました。しかも、そのバックアップにはアリスの執事がサポート。あらためて四葉財閥の存在がすごいと思うばかりです。

こうして、「かるたクイーン」との勝負の日がやってきました。立花との勝負の前にほかの人と勝負をする「かるたクイーン」を見ていましたが、腕の速度はピカイチ。さすがは、「かるたクイーン」といったところ。途中でイーラが現れて試合がめちゃくちゃになってしまいましたが、そのあとで立花も「かるたクイーン」と勝負。さすがに、「かるたクイーン」には勝つことができませんでしたが、いい勝負だったようです。そんな彼女に、「かるたクイーン」からお気に入りのかるたをプレゼント。しかも、実はこのかるたがトランプ王国との関係があるようで、そこから二つ目の謎の宝石が現れました。

そんな不思議な宝石ですが、伝説の宝石と似ているようで、伝説の宝石であれば5つあるとのこと。もし、この不思議な宝石が伝説の宝石であれば、残りはあと三つあるということになりそうです。それから、気になるもう一点として、キングジコチューの娘であるレジーナも敵サイドで登場するようになりました。あの様子から、本当にキングジコチューの娘であるかどうかは気になるところですが・・・。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事