とある科学の超電磁砲S 第10話 「原子崩し」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「とある科学の超電磁砲S」の第10話です。


アイテムからの攻撃をかわしながらも、研究所の内部を目指す美琴。しかも、アイテムの一人であるレベル5の第四位、麦野沈利と一対一で戦うこともあって、体力が低下している美琴にとっては命がけの潜入となりました。そのなかで繰り広げられた能力バトル。なんといっても、レベル5同士の能力バトルはなかなか見ることができなさそうです。そんなかでも、麦野からの攻撃を交わすように研究所を脱出した美琴。研究所の機械も破壊することができたので、研究所での作戦は成功といったところでしょうか。ただ、その後には麦野が実験の情報を入手したこともあったので、実験とは関係ないことで何かを仕掛けてくることが考えられそうです。

とりあえず、シスターズに関係する研究所はあと一か所となりましたが、最後の研究所はというと、まさにもぬけの殻状態。データも削除済で既に撤退してしまったようです。これも、麦野の作戦なのでしょうか。これにより、最後の研究所は破壊することなく、あっけない形で美琴の目標が達成することなりました。ただ、アイデムとの件もきちんと解決はしていないので、安心するのもまだ早いのかもしれませんが・・・。実験に関しては、ここから公園での当麻と出会いが始まろうとしているので、まだ終わったわけではなさそうです。いよいよここで、インデックス本家と話が結びつくことになるようです。ここでは、美琴目線でどのような話が展開されるのかが注目どころでしょうか。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事