犬とハサミは使いよう 第1話 「犬も歩けば棒に当たる」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
2013年7月スタートの作品「犬とハサミは使いよう」です。


主人公はかなりの読書家である春海和人。その姿は犬ですが、実はある事件によって命を落としてしまい、ある作家=秋山忍の本を読みきれていないため、犬に転身することになったのだそうです。しかも、犬になった和人は、彼が気になっていた秋山忍に引き取られることになりました。正体不明の小説家と呼ばれているだけあって本人にとっては思っていもいない展開ですね。

ところで、このような出会いになったのは、彼女が名前を呼ばれていたからだそうで、犬の鳴き声でしか出せないはずの和人の心の声を聞くことができるようです。しかし、その心の声が聞こえるがゆえに、思っていることがすべて伝わっているので、ときには彼女自慢のハサミが炸裂して危機一髪なんてこともしばしば。ここで、タイトルの犬とハサミの両方が登場となりました。

それにしてもこの人、和人が命を落とした事件現場にも居合わせており、事件にまったく気が付いていませんでした。その様子から単なる作家ではない雰囲気がありますが、執筆のためにもいろんなことを経験しているみたいで、その幅もかなり広そうです。

そんな彼女は、和人を連れて彼がいたアパートに行くことになりました。何かの方を付けるそうですが、和人が気にしていた財布を探すのか、それともこの事件の犯人を捕まえるのかどうか気になるところです。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事